上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
行政書士、社会保険労務士のブログ HOME > カテゴリー [会社設立 ]








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

行政書士と公的資金 

行政書士と公的資金

公的資金の融資申込にあたり、書類が必要となります。

個人営業か法人営業で提出書類も違ってきます。
スポンサーサイト
[ 2009/07/12 19:05 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)

公的融資関係 

公的融資関係

■公的資金を利用していますか? 融資というと銀行や民間の金融機関をご想像される方もいらっしゃるかと思います。「銀行に裏切られた」「資金がない」等、様々な理由でお悩みの方々もいるかもしれません。儲かっていない場合は資金繰りが苦しくなるのも当たり前ですし、儲かっていても意外と資金は必要になるものかと思います。こんなときこそ「公的資金」があります。民間では融資を受けられなかった会社や個人を応援するものです。ですが、こういったことが中身までは意外に知られていないのも実情かもしれません。銀行や民間金融機関からの借入は「借金」というイメージもあるかもしれませんが、公的資金を利用すると信用や社会的地位が高まるというメリットもあるかと思います。仮に銀行や民間金融機関が駄目だとしても諦めないでください。
[ 2009/07/11 19:03 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)

新会社法について 

新会社法について

平成18年5月1日から新会社法が施行されました。新会社法により会社に関する法律が大きく変わります。

1、 有限会社の廃止 有限会社が廃止になりました。といっても完全になくなるわけではありません。
新たに有限会社の設立はできなくなりますが、新会社法施行前に設立されている有限会社で新会社法の規定により認めれる有限会社は「特例有限会社」として存続し、期限もありませんので存続します。また、定款変更や登記は特段必要ありません。
有限会社は「特例有限会社」として存続するか、株式会社に変更するかの検討が必要です。
[ 2009/07/09 10:59 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)

会社の種類が増えた 

会社の種類が増えた

平成18年5月1日施行の新会社法により、

会社の種類が増えて、現在は、「株式会社」「合同会社(LLC)」

「有限責任事業組合(LLP)」「合資会社」

「合名会社」の5種類になります。
[ 2009/07/08 19:32 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)

会社の税金 

会社の税金

個人事業主の場合は超過累進税という制度のため、

所得税と住民税を合わせると最高で税率が50パーセントになります。

会社の場合だと原則30パーセントでの均一の課税のため、

事業税を含めても約41パーセントで済みます。
[ 2009/07/07 18:30 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)