上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
行政書士、社会保険労務士のブログ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 未分類 > 離婚訴訟 調停や審判でも解決しなかった場合の方法








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

離婚訴訟 調停や審判でも解決しなかった場合の方法 

離婚訴訟 調停や審判でも解決しなかった場合の方法


「夫婦での離婚の話合いはまとまらない」

「家庭裁判所での調停離婚もうまくいかない」

「審判離婚も無効になった」となると、

最後に残された離婚は「離婚訴訟」になります。裁判による離婚は、

法定離婚原因がないと認められません。
詳しくは「離婚原因について」をご覧ください。

夫婦が法廷にて訴状、答弁書、互いの言い分を主張しあい、

証拠を調べる等をし、裁判官が判決をします。

この手続は離婚全体の1%前後です。弁護士に依頼し

費用も時間かかる等といった理由からかもしれません。

原則、調停離婚を申し立てた後でなければ、

離婚訴訟を起こすことができません。

スポンサーサイト
[ 2009/05/10 14:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi55.blog94.fc2.com/tb.php/139-02c4b912