上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
行政書士、社会保険労務士のブログ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 内容証明郵便 内容証明 > 内容証明郵便のデメリット








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内容証明郵便のデメリット 

内容証明郵便のデメリット


・費用がかかる
といっても、とんでもなく高額ではありませんが、内容証明郵便は、一般の郵便に比べて割高です。例えば、謄本が1枚で配達証明をつけた場合だと、定型郵便で80円(25gまで)、一般書留で420円、内容証明で420円(1枚増加することで250円ずつかかります)。配達証明300円がかかり、1,220円が必要になります。

・形式や文字数、行数にルールがある
 内容証明本文は日本語で書きます。英語等の外国語は固有名詞しか使えないので注意が必要です。1枚の紙に書ける文字数や行数も指定されています。縦書きの場合は、1行20文字以内で26行以内。横書きの場合は1行13文字以内で40行以内又は、1行26字以内で20行以内となっています。

内容証明文書以外の同封はできない

 通常の手紙とは異なり、内容証明文書以外は同封できません。表やグラフをもとに説明すれば、すぐにわかるようなものも、内容証明文書の中で説明しなければなりません。

・誰宛に出すか?
 個人宛であれば関係ありませんが、法人や団体宛に内容証明を送る場合は、代表者宛に郵送する必要があります。万が一、不明な場合は帝国データバンクや商業登記簿を利用して調べる必要があります。

・不用意な記載
 あまりにも心理的な圧迫を与えるような表現をしてしまうと、逆に脅迫罪、恐喝罪になることもありますので注意が必要です。

スポンサーサイト
[ 2009/05/12 23:12 ] 内容証明郵便 内容証明 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi55.blog94.fc2.com/tb.php/143-2fd77ce4