上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
行政書士、社会保険労務士のブログ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 株式会社設立 > 株式会社設立の流れ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

株式会社設立の流れ 

株式会社設立の流れ

ご覧頂いている方もご存知のとおり、

従来からある会社組織です。個人事業の場合は、

万が一事業に失敗してとき全ての責任を負います。



しかし、株式会社は出資した範囲でしか

責任を負わない有限責任となっています。

新会社法施行前は、役員が4名以上、

資本金は最低1,000万円という決まりがありましたが、

新会社法施行により役員1名、資本金は1円から

設立可能になりました。なお、事業目的によっては、

営業許可申請も必要になる場合もありますので、ご注意ください。


会社基本的事項の検討

(商号、目的、本店の住所)

類似商号調査

(同じ住所に同じ名前の会社がないか調べます)

会社の基本事項の決定

(資本金の額を決める、許認可が必要か確認)

法人印の用意、印鑑証明をとる

(代表印、銀行員等の発注、発起人等の印鑑証明を入手)

定款の作成、認証

会社運営や組織について規則を定めた「定款」を作成し、
公証人役場で認証を受けます。
※当事務所は、電子定款のため、印紙税4万円が不要になります。

株式(資本金)の払い込み

株式の発行分の資金を金融機関に払い込みます。

会社設立登記

株式会社設立登記の申請をします。
申請が受理されて株式会社の誕生です。
設立日は登記を申請した日になります。

官公署への各種届出

社会保険事務所、税務署等への届出を行います。

スポンサーサイト
[ 2009/05/26 21:48 ] 株式会社設立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi55.blog94.fc2.com/tb.php/149-1ab0c08c