上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
行政書士、社会保険労務士のブログ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 会社設立 > 新会社法について








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新会社法について 

新会社法について

平成18年5月1日から新会社法が施行されました。新会社法により会社に関する法律が大きく変わります。

1、 有限会社の廃止 有限会社が廃止になりました。といっても完全になくなるわけではありません。
新たに有限会社の設立はできなくなりますが、新会社法施行前に設立されている有限会社で新会社法の規定により認めれる有限会社は「特例有限会社」として存続し、期限もありませんので存続します。また、定款変更や登記は特段必要ありません。
有限会社は「特例有限会社」として存続するか、株式会社に変更するかの検討が必要です。

2、合同会社(LLC) 有限責任組合(LLP) ■合同会社(LLC)について
今回の改正で新しく登場した会社形態です。有限責任とされており出資した範囲でしか責任を負いません。合資会社、合名会社といった形態だと社員が無限責任を負う場合があり起業する障害にもなっていました。そこで有限責任を認める合同会社が創設されることになりました。合同会社は社員も経営に参加でき、ベンチャー企業等が利用しやすい形態かと思われます。

3、最低資本金制度の廃止 「有限会社は300万円」「株式会社は1,000万円」という最低資本金制度がありましたが、今回の改正により撤廃になります。また、資本金が1円の株式会社も可能になります。合同会社(LLC)も資本金1円から、有限責任組合(LLP)は資本金2円から設立が可能です。

4、類似商号規制の廃止 今までは同一の市区町村内において同じ目的で同一の商号の会社があった場合は、登記ができませんでした。(商法19条) ですが、今回の改正によりその規制がなくなります。同一の市区町村内において同じ目的で同一の商号が可能になります。

新会社法についてはこの他にも改正が多くあります。順次アップしていきたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2009/07/09 10:59 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi55.blog94.fc2.com/tb.php/165-1b4f2e25