上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
行政書士、社会保険労務士のブログ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 会社設立 > 公的融資関係








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

公的融資関係 

公的融資関係

■公的資金を利用していますか? 融資というと銀行や民間の金融機関をご想像される方もいらっしゃるかと思います。「銀行に裏切られた」「資金がない」等、様々な理由でお悩みの方々もいるかもしれません。儲かっていない場合は資金繰りが苦しくなるのも当たり前ですし、儲かっていても意外と資金は必要になるものかと思います。こんなときこそ「公的資金」があります。民間では融資を受けられなかった会社や個人を応援するものです。ですが、こういったことが中身までは意外に知られていないのも実情かもしれません。銀行や民間金融機関からの借入は「借金」というイメージもあるかもしれませんが、公的資金を利用すると信用や社会的地位が高まるというメリットもあるかと思います。仮に銀行や民間金融機関が駄目だとしても諦めないでください。

■公的資金のメリット 公的資金の一番のメリットは金利が安いこと。種類にもよりますが1%~2%後半です。高い金利でお金を借りることは避けたいものです。公的資金は銀行や民間金融機関で融資を受けられなかったものを救済するためのものだから金利が安いのです。これから開業される方や開業間もない事業主、ほとんどの方々が利用できる等他にもメリットは多いと思います。融資のなかには担保なし、保証人なしの資金まであったりします。銀行等では担保なしではなかなか相手にしてくれない現状を考えると公的資金も方法の一つしてみてもいいのではないでしょうか。

■公的資金の融資まで 国民金融公庫などそれぞれの窓口で直接申し込む「直接貸付」と、銀行や民間金融機関にて代理で頼む「代理貸付」があります。

スポンサーサイト
[ 2009/07/11 19:03 ] 会社設立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyouseishosi55.blog94.fc2.com/tb.php/167-68bded81